人生を豊かにしたいなら時間を管理せよ!【裏技あり】

「時間がない」は言い訳です。きつい言い方ですが、ただの甘えです。

この世の中、平等に与えられているものは「時間」です。
もちろんその与えられた24時間をどう使うかは個人の自由になります。
ですが、時間がない事を言い訳に「自分のやりたいことができない人」
今一度、自分の人生とは何かを考えてみる必要があります。

 

時間がないという人の言い訳

・仕事が忙しい

・付き合いが多い

・時間がいくらあっても足りない

普段からこんなことを口にしていませんか?

時間がないと言いながら、休日は昼近くまで長い時間寝ていたり、暇さえあればTVを見たり、スマホでゲームをしたり、YouTubeを見たりとダラダラとした時間を過ごしているのではないでしょうか。

人生の質は「時間の使い方の質」によって変わります。そのためにまずやることは時間の使い方ではなく、時間の作り方です。

時間を管理すれば人生が豊かに変わります。

 

時間を管理するメリット

・自己研鑽(スキルアップ)ができる。(語学・資格取得・趣味・副業)

・気持ちに余裕が生まれる(イライラしない)

・経済的余裕が生まれる(無駄な出費が減るので他に投資できる)

時間を有効に使い、豊かな人生を手に入れましょう。

【人生を豊かにする時間管理】時間の作り方

時間管理

ここでは時間の作り方をいくつかご紹介します。
時間を作ることで普通の人よりアクティブな時間を多く手に入れることができます。

時間の作り方 その1 朝、今の時間より2時間早く起きる

2時間早く起きる

まず初めは朝、いつもの時間より2時間早く起きるようにしましょう。
いつもより2時間早く起きることで単純に1年間で1ヶ月多く時間が手に入ります。
1年が13ヶ月になるんですよ!これはやらない手はありません。
最初はきついかも知れませんが1ヶ月も続けば慣れてしまいます。

時間の作り方 その2 TVやスマホを見ない、触らない

家に帰るとまずTVをつけ、特に見たい番組もないのに何となく見てることありませんか?
また、暇さえあればスマホを手に取り、YouTubeやSNSをしたり、ゲームに興じたりしてる人も多いです。
気分転換くらいなら構いませんが、それが長時間に及ぶのはいかがなものでしょう。

・TVは電源を入れない。
・スマホは手元から出来るだけ離す。
・スマホの電源をオフにする。

これらを徹底しましょう。

時間の作り方 その3 付き合いを断る

付き合いを断る

1回の飲み会で2~3時間、2次会までとなるともっと時間が費やされてしまいます。
お誘いがあってもきっぱりと断る勇気を持ちましょう。そうすることで、時間と出費が抑えられます。
どうしても気まずい、断りにくいと言うのであれば3回に1回行くとか回数を減らしましょう。
付き合いが悪いと言われるかもしれませんが、気にすることはありません。
それくらいのことで壊れるような関係であれば、大した関係ではありませんよ。

時間の作り方 その4 定時で帰る

自分は帰れるのに何となく帰りづらい、周りが残るから自分も残って残業するという人も多いでしょう。
ですが、ここは思い切って定時で帰りましょう。うしろめたさを感じるかもしれませんが、
一部例外はあるにせよ、仕事が出来ないから残らざるを得ない、残業代が目当て、家に居場所がないからなどの理由が大半なのです。気にすることはありません。早く帰って自分のために時間を使いましょう。

【人生を豊かにする時間管理】時間を作る(裏ワザ(荒ワザ))

上記の方法はどれも簡単そうですよね?以前にもトライした人もいるかもしれません。
でも、ほとんどの人はそんな簡単なことも出来ないのです。
では、違う方法で試してみませんか?

時間の作り方(裏技)その1 チームで管理しあう

チームを作ってチームの中で一人でも決めた時間に起きれなければ1000円の罰金を払います。
貯まった1000円たちは毎日起きれた人に渡します。たった、それだけです。
自分だけで管理出来ないのであれば、仲間同士で管理しあいましょう。

時間の作り方(裏技)その2 TVを壊す

TVを壊す

半分冗談ですが半分は本気です。まぁ、壊さなくとも捨てたり売ったり手放せばよいのです。
みなさんはTVでフェラーリなどの超高級車や超高級ブランドのCMを見たことありますか?
ありませんよね。なぜならそれらを買える人はTVを見ない人達だからです。

と言うことはどういうことか分かりますよね?

そう。人生豊かな人や成功している人たちはTVを見ないということです。

時間の作り方(裏技)その3 宣言する

あなたが今、やるべきことは、すぐに「俺を(私を)飲みに誘わないでください」
相手に対してメールやSNSを発信して宣言することです。

また、定時で帰るのであれば「定時なのでお先に失礼します!」と声高に発することです。

そうすることで相手から時間を奪われることもなくなります。

時間の作り方(裏技)その4 職場の近くに家を借りる

職場までの通勤時間に1時間や2時間も掛かるのは、はっきり言って時間の無駄です。
職場近くに家を借りましょう。それだけで大幅に時間を作ることができます。
徒歩や自転車で通える距離なら、運動にもなり健康にも良いですよ。

【人生を豊かにする時間管理】時間の使い方

まったりする時間

せっかく作った時間もうまく使わないと時間を作っただけで、結局は無駄に時間を使って終わってしまうので気をつけましょう。

時間の使い方 その1 脳を目覚めさせる

朝、早く起きても体は起きるが脳が動いていないので仕事に行ってもボーッとしてしまいますので強制的に脳を目覚めさせます。

ジムに行ったり、家の近所をウォーキングやジョギングするなど体を動かすことで脳を目覚めさせるのです。

間違っても、起きてすぐにスマホを手に取るなどということはしないでください!

時間の使い方 その2 朝からまったりする時間を取る

脳を目覚めさせたら、一旦落ち着くためにまったりした時間を取りましょう。
リビングやカフェでコーヒーなどを飲みながらメールチェックや新聞や本を読む時間(インプット)に充てることで1日を良い気分でスタートを切ることができます。

また、この時間を使って今日のタスクやTodoをチェックする、昨日のスケジュールの見直しをしてから出勤すると生産性を上げることができます。

時間の使い方 その3 スキマ時間を利用する。

通勤時間(出勤時・退勤時)や待ち時間など、スキマ時間を利用して読書や語学や資格の勉強などインプットの時間に充てたり有効に利用しましょう。

前もってスキマ時間に何をするかタスク管理をすると効率的にスキマ時間を使うことができます。(前述した朝からまったりする時間でチェックすると良いです。)

時間の使い方 その4 人に時間を奪われない工夫をする

行動リストを作成し共有する

仕事をしていると、いろんな人からの問い合わせや質問をされる事に時間を奪われることも多いです。
できるのであれば行動リストを作り職場で共有します。
この時間は資料作成につき対応不可とかしておけば無駄に時間を奪われなくて済みます。

作業を仕組み化する

コンビニやファーストフード店のように作業を仕組み化するのも一つの方法です。
気分が落ち込んでいようが、経験年数が浅かろうが関係なく一定のレベルで作業を行うことが可能です。
生産性が上がることで、さらに時間を作ることができます。

【人生を豊かにする時間管理】まとめ

いかがでしたか?

人生を豊かにしたいなら時間を管理せよ!」ということで、時間の作り方と時間の使い方をいくつかご紹介しました。
ほとんどの事が簡単に実践できるものばかりです。
ただ、ここで大切なことは記事を読んで終わりではなく、すぐに「行動」し、そして「継続」してください。

そうすれば、あなたの人生は必ず豊かになります。

「行動」と「継続」についてはこちらの記事をご覧ください。  

 

Follow me!

PAGE TOP