【ドヤリング】スタバでMacBookPro ドヤ顔を決めてきた

MacBookProを買ってやりたかったことの一つがスタバでドヤリング。

とは言いながらも普段スタバを利用することも皆無でシステムもよく分からない。

そんなスタバ素人が初めてドヤリングした感想を書きたいと思います。

ドヤリングとは...

ドヤリングとは、コーヒーチェーン店のスターバックスにAppleのノートパソコン・Macbook(Macbook Air、Macbook Pro)を持ち込み、ドヤ顔でMacbookを使うことを意味する。

引用元:IT用語辞典 サバナビ

いざ、スターバックスへ...

向かった先はよく行く某ショッピングモール内にあるスターバックス。

いつもは店の前を素通りするだけですが、意を決して店内に突入します。

スタバ店内の様子

スタバ店内が混雑していたら諦めて帰ろうと思っていましたが、そこは平日の夕方の郊外のショッピングモール。結構空いていました。

スタバ店内でドヤリングをしている人が3人ほど(学生さんとクリエーターっぽい人たち)。みなさんリンゴマークが光ってました。

後からサラリーマンさんがThinkPadでドヤリング参戦。(おそらく仕事)

それ以外は外人さんや学生さん、家族連れなど、いろんな人たちがやってきました。

いざドヤリングへ!

1)ドリンクの購入

まずはドリンクの購入をしなければ始まりません。

購入したのはドリップコーヒー(ホット)のトールサイズ。価格は330円(税別)

※2020年1月現在の価格

とにかく手っ取り早く、一番無難なメニューをオーダーしました。

2)席の確保

コーヒーを片手に出来るだけ人の目が気にならないポジションの席を探します。
向かった先は壁際の2人掛けの丸テーブルに陣取ります。

コートを脱ぎ、店内を見渡せるソファー側に座りました。

戦闘態勢は整いました。

3)MacBookProを広げる

いよいよ戦闘開始です。

あいつドヤルんじゃない?って思われてるんじゃないかと周囲の目を気にしながら、昂る気持ちを抑えつつ、カバンからぎこちない手つきでMacBookProを取り出し電源を入れます。

もっと人から注目されるのかと思いきや、意外とスタバ内では普通なのか、誰も気に留める様子もない。むしろ、気にされないことに拍子抜けしてしまいました。

4)写真を撮る

家族にもドヤリング宣言をしていたので、証拠写真を撮影します。

Instagramの個人用のアカウントに速攻でアップをしました。
(長男からすぐにいいねをもらう)

アングルを変えてブログ用にも撮影しました。

5)Wifiに接続

1)画面上部のWifiマークをクリックして表示されるリストから「at_STARBUCKS_Wi2」を選択します。

2)別ウィンドウが開くので、画面上のインターネットに接続をクリックします。

これだけでつながります。

接続は1回1時間となっており、何度でも接続は可能です。

ドヤリングで何をする?

ネットがつながったところでワードプレスを開き、ブログを作成作業を開始します。

周囲の雑音を避けるためにPowerBeatsProで武装し、iPhoneXからお気に入りの音楽を流します。

周りから見たら、この時点でだいぶドヤ顔になっていたと思います。

途中、ちょっとしたアイデアを思いつきメモを取ろうとするも、ペンケースを入れ忘れる失態。仕方なく忘れないうちにメモアプリに内容を入力しました。

その後、作業は順調に進み、あっという間に1時間ほどたち、次男坊を迎えに行く時間となったので、店を後にしました。

ドヤリングの感想

元々、異常に人の目を気にする性格でお一人様も出来ないのですが、2020年の今年は「行動する」を目標に掲げ、その一つとしてドヤリングに挑戦しました。

自分には難しいと思っていたことも、やってみると案外簡単だったり、何より、人って他人にあんまり関心がないことがよく分かりました。自意識過剰すぎですね(笑)

これを機会に恥ずかしがらず、何にでも飛び込んでいこうという気持ちが持てました。

スタバでMacBookProを広げて作業するのは楽しかったですし、モチベーションというのか、気分も上がります。かっこつけたがりの自分には意外と合っているのかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Follow me!

ライフスタイル
スポンサーリンク
シェアする
ラッチ(Racchi)をフォローする
Racchi Official Blog
PAGE TOP